blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 11月14日 練習報告 | main | 11月28日 練習報告 >>
11月21日 練習報告
0

    11月21日の練習報告です。

    小林先生のご指導で発声練習後

    「マクベス」より

         スコットランド難民の合唱の残りを練習。

    その後、オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より

         開幕の合唱の練習をしました。

    ピアノは笹先生です。

     

    1)「スコットランド難民の合唱

    確認事項 (通し練習の前に。)

      P.29  58小節〜P.30  59小節

         tuo  dolor 

         付点8分音符+16分音符の歌い方は

         8分音符(tu)+16分音符(o)+16分音符(do)

         〈トゥーオ ドロール〉です。

         〈トゥオー ドロール〉ではありません。

         その前の付点8分休符を休みすぎないように。

         〜lor  外切り。2拍目の頭で(rを言います。

              (しっかり巻きます。)

    通し練習

    P.27  29小節

        Patria  oppressa

        複付点4分音符(Pa)+16分音符(triao)

          パー        トゥリャオ

        4分音符(ppre)+4分音符(ssa!)

          プレー      サ

        (e)を長めに。

        4分音符の中の付点8分音符分が(e)で、

        16分音符分が(ssa)という感じです。

        (プレッサではありません。

     

     36小節

         puoi  

    (i)の発音のとき、口を横に引っ張らないこと。

    ページの変わり目で遅れます。

    前ページの終わりに、次ページの音、

    言葉を書いておきましょう。

     P.28 39小節

        sei  conversa のsei  conは、

       複付点4分音符+16分音符ですが、

       8分音符3つ(se)+8分音符(icon)と考えて。

     

          41小節

          〜vel!  内切りです。(次の小節にはみ出ない。)

       〈l〉を8分音符分、しっかり発音します。

     

        43小節〜(女声全)

        この部分は太陽がだんだん昇っていくイメージで。

       

        44小節

        piangenti

        最後の16分音符(C ド)の音で(a)になるよう、

        子音の(pi)をその前に言います。

     

        48小節  

        スタッカートがついていますが、スタッカートは

        「分ける」という意味であり、息を短く切ることでは

        ありません。(息を止めずに)息を吐き続けることを

        意識して歌いましょう。

        スタッカートの4分音符は、半分は声帯を震わせ、

        半分は震わせないで息を出します。

     

        avenirまで女声全員で歌い、2拍目から分かれます。

         

     P.29 54〜55小節

        impietosito

        (sito)は、本来(ズィート)ですが、

        (ツィート)と聞こえるので、今は

        (スィート)と読むことにします。

     

        56〜57小節

        デクレシェンドが付いているのは、

        〈Sop.〉とオーケストラのみです。

        他のパートは引かないように。

     

        58小節

        tuo dolor(悲しみ) 

        言葉の意味を感じて歌いましょう。

     

    P.30  61小節

        Suona  a  morto

           子音の(S)を拍の頭の前にしっかり発音します。

     

    P.31  72小節

        soffre  (ソッフレ)ではなく、(ソフレ)です。

     

    P.32  73小節

        muor! と歌うパート〈Sop.とTen.〉は、

        言葉の意味〈死ぬ〉を意識して歌いましょう。

        2拍目の頭で(rを巻いて発音します。

       74小節〜

        Patria  oppressa(抑圧された祖国よ)

        難民のあきらめの曲だという意識をもって歌いましょう。

       80小節

       偽終止です。(ファラドの和音)

       〈Bas.〉を聴くこと。

       〈Sop.〉〈Alt.〉〈Ten.◆咾同じ音なので、

       音量のバランスを考えて歌いましょう。

     

    2)「開幕の合唱

    P.3  練習番号〈4〉から、前奏の小節を数えて

       出る準備をします。

      (8,7,・・・3,2,1)と番号をふっておく

       わかりやすいそうです。

       元気よく歌いましょう。

    P.5 147小節

       fior(花)

       切るところに〈or〉と書き込んでおきましょう。

       (r)は巻きます。160小節も同じです。

       138小節〜

       4小節を1フレーズとして、ブレスをするところで

       遅れます。そこで、

       A)カンニングブレスをする。  または、

       B) margini の (ni)の4分音符を8分音符にして、

        8分休符でブレスをする。

       どちらでもよいが、どちらかに決めて書いておきましょう。

       153小節も同じです。

       特にページをめくるときに遅れるので、注意です。

     

    P.6  157小節〜

       伸ばす時は、笑わないと下がります

     

       162〜163小節

       tempo  e  mormori

       tempo (m)に注意です。

       かなり後ろです。早く言い過ぎないように

        mormori (mor) の装飾音符に斜線が入っているので、

       2分音符の前に装飾音を入れます

       (mor)は 

       2分音符(mo)+8分音符(r)です。

       (mori)は、

       (mo)の8分音符を短くしないように注意です。

        (これは前打音ではありませんから)

       164小節

       da o 

       付点2分音符を

       2分音符(da)+4分音符(o)と歌います。

       165小節 

       動いているパート〈Sop.〉をよく聴いて歌いましょう。

       167小節〜

       rit.と書いてある168小節より早く、

       167小節からrit.がかかるかもしれないので、

       必ず指揮を見るよう、〈見る〉マークを記入してください。

       168小節もマークを記入してください。

    P.7 169小節

       cor. 最後の8分音符に(or)と書いておきましょう。

     

    このあと、男声の言葉をつける練習をしました。

    〈ゆっくり〉→〈短く区切って〉→〈続けて〉→〈もとの速さ〉

    それから音取りをしました。

       172小節 

       vostre  の(vo)にテヌートをつけてください

       (長めに歌います)

    最後に、初めから通して歌いました。

    確認事項です。

    P.10 225小節

       mormori  歌詞の付け方がずれています。

       P.6 の163小節と同じように歌います

       書き直してください。

    P.11

       男声と女声が一緒になるところは、

       (男声、女声でテンポが異なるので、)

       男声は、女声と一緒に歌う部分に入ったら

       ゆっくりになると思っていてください。

       〈女声のテンポに合わせる。〉

     

    今回、特に注意することは

    1. 母音が変わる時に、あごを動かさない

      (口の中の大きさは変わらず)舌の動きで変えます。

    2. イタリア語では、同じ子音が2つ重なっても

      促音にはなりません

      2つあったら、長い子音と考えてください。

      〈例:soffre(P.31  72小節) ソッフレと言わない。〉

    3. 歌詞が大切なので、必ず言葉の意味、訳文を書き込んで

      おいてください。

      意味を書き込み、キーワードを覚えていくことが大切。

     

    来週は、6:30〜 小林先生のご指導で

       「カヴァレリア・ルスティカーナ」より

         「開幕の合唱」の続きと、

        「レクイエム」の復習をします。

      7:00〜(または 7:30〜)時任先生のご指導です。

     オペラは全部歌詞をつけられるように、しておきましょう。

     

        ***Tomato***

    | 第九を歌う会 | - | 20:04 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 20:04 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ