blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 10/31 練習報告 | main | 11月14日 練習報告 >>
11月7日 練習報告
0

    11月7日の練習報告です。

    小林先生のご指導で発声練習後

    レクイエム 6番「Thou  knowest,  Lord」の練習。

    ピアノは中村先生です。

     

    1)曲の特徴

      変ロ短調で始まり、途中変ニ長調になる部分があります。

      5小節からア・カペラで始まり、17小節から伴奏が入ります。

      前奏の4小節の和音進行が、P.44の2段目まで繰り返されます。

    2)読み方の確認

      今回も、次善の策として、カタカナで読みを書いておきます。

      イギリス英語で発音します。

      (チルコットは英国人で、歌詞はイギリス国教会の聖書から

       引いているからです。)

     

    P.42 5小節 

      thou  「th」の発音に注意しましょう。

           「ゾ」ではありません。

           苦手な人は、「ダ」と言った方が近くなります。

           舌を上あご(上の前歯)に当てます。

           「the」のときも同じです。

           「u」(ウ)もはっきり、やや長めに発音します。

      Lord   「r」を発音しないこと。ただ伸ばせばよいのです。

        6小節

      secrets  of  our  

          「レットゥ」は×。小さい「ツ」を入れません

          「シー」は×あえて書くと「スィー」です。

          「アワー」は×。「アー」と伸ばします

          3つの単語を続け「スィークレトーヴァ」とします。

      hearts 「h」の発音は、息を吐くだけ

    P.43 13小節〜14小節 

      shut  「シャットゥ」は×。小さい「ツ」を入れません

      not  「ノットゥ」は×。小さい「ツ」を入れません。  

        merciful ears  つなげます。〈リエゾン〉

          どちらの「r」も、発音しません

          earsの「s」の発音は「z」です。

       

       14小節  

      prayer    祈る人なら「プレイヤー」ですが、

           ここは「祈り」という意味なので、

           「プレヤー」と発音します。

    P.44 22小節  most 「モウストゥ」

       23小節  holy  「ホウリイ」

       どちらも「ウ」を必ず言うこと。

       24小節  

      God  「ゴッドゥ」は×。小さい「ツ」を入れません

    P.45 37小節

      judge  「ジャッジ」は×。小さい「ツ」を入れません

     

      eternal  「e」は。「エ」ではなく、「イ」に近い。

       39小節

      at  our   続けて〈リエゾン〉「アーター」です。

       40小節

      last  hour 続けて〈リエゾン〉「ラースターウァ」

       41小節

      pains  of   続けて〈リエゾン〉「ペインゾーヴ」

       43小節

      thee   「ズィー」は×。「ディー」の方が近い。

                  舌を当てます。

              

    3)音取りです

    P.42 5小節

      いつものように、8分休符は埋めて

      8分休符+8分音符を 4分音符にします。(練習時)

       6小節

      hearts と the の間でブレスをします

      ブレスでリズムがずれるので、

      「付点4分音符+8分音符」を 

      「4分音符+8分休符+8分音符」にして、

       リズムに合わせてブレスをします。(8分休符で吸う

       3連符のリズムに注意しましょう。〈ヘミオラです。〉

     

    P.43  13小節

      8分休符は埋めて

      8分休符+8分音符を 4分音符にします。(練習時)

       17小節

      空虚5度です。

      これは力強い表現であることを意識して。

      (prayer という言葉のもつ強さです。)

    P.44 25小節

      空虚5度です。(mightyという言葉の強さです。)

      31小節から、男声全員で歌い、

      35小節から、混声で、同じ和音を繰り返します。

      31小節からの男声の旋律を、

      35小節から、Sop.とAlt.の旋律に分かれて繰り返します。

      この部分は長調です。

       31小節 35小節

     8分休符は埋めて

      8分休符+8分音符を 4分音符にします。(練習時)

      38小節 

      8分休符に注意してきちんと切ります。

      おなかで切り、口を開けたまま息を吸います。

      39小節

     ここから、変ロ短調に戻ります。

     (最後の方で長調に変調)

      40小節

      8分休符は埋めて

      8分休符+8分音符を 4分音符にします。(練習時)

     

    4)パート別の注意です。(女声)

    P.42  5小節 〈Sop.〉   

      Lord  the  〈付点4分音符+8分音符〉の

     付点4分音符(Lord)が短いので拍を正確に。

    P.43  13小節 〈Alt.〉

      2つに分かれますが、〈Alt.△凌佑蓮

      4拍目で〈Alt.〉,帽舂するので、

     合わせる気持ちを持って。

     以後も、合流するところを意識して同じ音に。

     〈合流するところに印をつけておきましょう。〉

    P.44  21小節 〈Alt.〉

      〈Alt.〉△凌佑蓮

     〈Sop.〉と同じ音(オクターブ下)であることを意識して。

     (印をつけておきましょう。)

     

    P.44  23小節 〈Sop.〉

      3拍目の「C」(ド)でしっかり音を取り、

     伸ばして次の「F」(ファ)で〈Alt.〉に合流します。

    P.46  45〜47小節 〈Sop.〉

     「B♭」(シ♭)をサボらないこと。

     (さぼらない!と書き込んでください。)

    (P.45  40〜41小節も同じ)

     

    以上、P.46 の47小節まで練習しました。

    今回、特にご注意をいただいたことは、

    息を平らに流し、前へ進んでいくようにということです。

     

    来週は、

     6番「Thou  knowest,  Lordの残りを練習した後、

     オペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」より

         「開幕の合唱

        「マクベス」より

         「スコットランド難民の合唱」の2曲を

     歌詞をつけて練習します。

     

    本日、レクイエム6番「Thou  knowest,  Lord」の

    英語の対訳を配布しました。

    楽譜に訳を書き込んでください。

     

      ***Tomato***

    | 第九を歌う会 | - | 00:30 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:30 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ