blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 福島先生より、お知らせ | main | 11月7日 練習報告 >>
10/31 練習報告
0

    10月31日の練習報告です。

    6:30〜小林先生のご指導で練習。

    7:30〜時任先生のご指導での練習でした。

    ピアノは中村先生です。

     

    小林先生の練習

    1)「ナブッコ」より「ヘブライの奴隷の合唱」

      P.16 から歌詞をつけて歌いました。

    2)「椿姫」より「乾杯の歌」の練習

      P.36から歌詞をつけて歌いました。

      P.36  249小節

         8分休符で準備をして(口を開けて息を出す)

         〈Ah!〉できちんと出ます。

      P.37 255、256小節の前打音はないものとします

         256小節

           〈ba〉についているスタッカートは消して

           (バーチー)と伸ばします

           (バッチー)となりがちです。

            ba       ci        a        vra

                     8分音符  16分×2  16分×2   8分

          (バー    チー    アー    ヴラ)

           という感じです。

         257小節の4分音符は、8分音符と8分休符に

      P.36〜37  16分音符で動く部分は、

         音を切らずにレガートで歌いましょう

      P.41 311、312小節の前打音は、なしです

         la      not     te  a   

       8分音符  6分×2   16分×2 

       b  bel    la       e il 

        8分  16分×2  16分×2

      (ラー ノー テア ベー ラー エイル)という感じ。

      P.42 314小節

         〈in〉の8分音符にテヌートをつけて、

    〈i〉が長めになるようにします。(イ-ン)

    315小節

    〈que  sto〉〈st〉が〈o〉の子音です。

    ですから、「クエーエスト」ではなく

    「クェー  スト」となります。

     

      P,43 320小節

         歌詞〈ci〉を、〈ne〉に直します

         321、322小節の前打音はなしです

         323小節の4分音符はそのままです。

    以上、小林先生の練習でした。

     

    後半は時任先生の練習です。

    (先生より、かわいいハロウィンのお菓子をいただきました。)

    歌詞をつけての練習です。

    今回は当然完全にはつきませんでしたが、がんばりました。

     

    1)「ナブッコ」より「ヘブライの奴隷の合唱」

     

      P.17  15小節 アクセント記号がついています

          意識して表現しましょう。  

      P.18  21小節   〈no…le  ri ­ ve…sa ­ tu ­ ta〉

      P.19  23小節   〈tor…ri  at ­ ter ­ ra ­ te〉

              どちらも8分音譜の動きに注意です。

          一音一音明確に歌います。

      P.20  28小節

         〈Ar ­ pa〉からFF(フォルティシモ)にします

         レガートで歌いましょう。

      P.21  30小節

          PP(sotto  voce)は、

          伝える内容は強いと思って歌います。

          〈Perche〉 

          〈r〉のあとに〈u〉を入れずに舌を巻きます

           (ルではないのです。)

      P.22  36小節〜

          伴奏の3連符と合唱のリズムの違い(ずれ)を

         敏感に感じて歌いましょう。

      P.25  49小節

          〈tu〉伸ばした後、ハミングにして終わります

     

     

    2)「椿姫」より「乾杯の歌」の練習

      歌詞をつけ、ソロとともに歌いました。

      特に、P.45 〜 4小節ずつ区切って

      フレーズを繰り返し練習しました。

      このように、繰り返して慣れること、

      毎日見ながら言葉に慣れて、覚えましょう。

     

    3)チルコットのレクイエム

      1番〜3番まで通しました。

      戻って、1番の最初の2ページをていねいに練習。

      

      P.2 9小節

        〈Re ­ qui ­ em〉

        〈m〉は、内切りのぎりぎりのところで

         巻き舌を柔らかく〈e〉の形に口を開けて巻きます。

        〈r〉を先に発音し、1つめの8分音符に〈e〉がきます

        音符は3つに分かれて言葉がついていますが、

        この言葉1つを1つの音としてレガートで歌います。

      P.3 16小節

        〈dona

         「与える」という意味の言葉なので、

         ふくらませるように歌いましょう。 

      P.4 29小節

        〈Domine

        〈ne〉で8拍伸ばしますが、無理矢理伸ばさず、自然に

      以上時任先生の練習でした。

     

      次回時任先生の練習は11月28日です。

      オペラ全曲に確実に歌詞をつけて練習します。

      チルコットについては、どの曲になるか、後日連絡します。

     

      来週は、小林先生の練習です。

      チルコットの6番「Thou  Knowest,  Lord」です。

     

      オペラの歌詞を繰り返して、フレーズで出てくるように

      練習しておきましょう。

      譜面から顔を上げられるように、

     

      オペラの曲を歌ったことがない方は、(女声は約半分が初めてです。)

        なるべく前の席に座ると、後ろから聞こえてきます。

        また、経験のある方の間に入ると歌いやすいと思います。

      (「歌ったことがありますか。」と気軽に声を掛け合いましょう。)

     

      ***Tomato***

     

    | 第九を歌う会 | - | 13:23 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:23 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ