blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 10月17日 練習報告 | main | 福島先生より、お知らせ >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    10月24日 練習報告
    0

      10月24日の練習報告です。

      小林先生のご指導で発声練習後、レクイエムの練習。

      ピアノは笹先生です。

       

      5番「Agnus Dei」から始めました。

      1)楽譜の注意と曲の特徴

      Ten.ソロの部分と見分けにくいので、

      楽譜の合唱部分(特に自分のパート)に

      印をつけてください

      五線譜の左に【がついているのが合唱譜です。

        P.40  37小節や P.41 60小節のように、

        〈unis.と書いてあるところは、

        〈Sop.〉と〈Alt.一緒に歌います

      リズムは、ヘミオラ。2拍を3等分にして数えます。

       このリズムに慣れるのが今回の一番の課題でした。

       

      2)音取りです

        [習は「ラララ」 4分音符に「ラ」を3入れます。

         2小節1区切りとして、

        (1拍休み)〈ラララ ララ ララ ララ〉

        〈ラララ ラララ ラララ ラララ〉の繰り返しです。

        ▲ーケストラに、このリズムで演奏する楽器はありません。

         自分たちの中でリズムをとること。

         そして指揮の(3つとれるように振る)リズムを感じて

         歌うことが大切です。

         「ラララ」とリズムを正しくとろうとして、

        息を切って数えないようにしましょう。

        息はずっと続いていて、舌で音を切るだけです。

         曲は変ロ長調ですが、ト短調になる部分があります

      (25小節と52小節)変調を感じて歌いましょう。

      (この部分に「ト短調」と記入してください。)

        P.41  64小節 

         伴奏にはデクレシェンドがついていますが、

         合唱(女声)にはついていません

         オーケストラが消えて行く中に合唱が浮かび上がる部分です。

       

      続いて、4番「Sanctus」の練習。先週の続きです。

      1)37  69小節〜 音取りです。

      練習時は休符について、次のようにします。

      67、71小節の8分休符は、

      休まずに、その前の音を4分音符にします。

      70、72小節の8分休符は、休み。

      そこでブレスをします。

      その際、テンポ通りに息を吸わないと、リズムがずれるので

      注意してください。

      8分音符を1つとして「ラララ」で練習をしました。

      2)音取りをした後、

        4番「Sanctus」の最初に戻って復習です。

        その後テンポを速くすることを目指して練習しました。

         ブレスが遅いので、注意です。

          出だしの直前で吸わずに、早めに息を吸ってください。

        ◆.屮譽垢妊謄鵐櫃ずれるので、

          音の切れ目で息を吸うのは×です。

          8小節ノンブレス。カンニングブレスは、音を抜いて

          16分音符の数を数えて吸います。

         4分休符の休みで息を吸いますが、

          8分休符2つと考え、1つめでブレスをします。

          止まってから2つめで息を吸うのは×です。

          遅れるからです。

        ぁ,海龍覆癲◆屮薀薀蕁廚嚢錣鵑任息は切らないように。

        ァP.35  32〜33小節

          伸ばす部分で弱くしないこと。

        ΑP.37  73小節〜

        〈Alt.は分かれていても、合流するところがあるので、

          意識して同じ音にすること。

          73小節の4拍目は同じD(レ)の音です。

         〈Alt.〉2の方は、下の音に下りないように注意。

        А.謄鵐櫃最も大切な曲なので、

          練習時は手をたたいてリズムをとってください。

        ─8分音符が不均等なので、

          16分音符で「ラララ」を歌うことになりました。

       

      ■男声;追加の注意点■

       何度も先生から出たフレーズです。

       ・難しい音程は息をつなげる。

       ・高い音に移動する時に、ずり上げない。

       ・顎を動かさずに息を止めないで、音程を安定させるように。

       

       

       

      次回は時任先生がいらっしゃいます。

      オペラ全曲と、レクイエムの前半(3番か4番まで)の予定です。

                  

      そこで、

      18:30〜19:30  小林先生のご指導で

                  発声練習後、「ナブッコ」より

                         ヘブライの奴隷の合唱

                      と

                        「椿姫」より

                        乾杯の歌

                この2曲に歌詞をつけて練習します。

      19:30〜21:00  時任先生のご指導です。

       

      特にオペラの曲は、練習から時間がたっているので、

      復習をしておきましょう

       

      小林先生よりのお話

       私たちの合唱は、よい食材になってきたので、

      これからシェフに料理をしていただく段階に入る

      とのことでした。

       

         ***Tomato&バジル***

      | 第九を歌う会 | - | 00:49 | comments(0) | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 00:49 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする


              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << August 2020 >>

        bolg index このページの先頭へ