blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 10月3日 練習報告 | main | 10月17日 練習報告 >>
10月10日 練習報告
0

    10月10日の練習報告です。

    ■全体の練習報告

     

    小林先生のご指導で発声練習後

    レクイエム 3番「Pie  Jesuの練習です

    ピアノは中村先生です。

     

    1)この曲の構成です。

       P.26 〈Sop.ソロ

         P.27 21小節〜 ト長調

            〈Sop.ソロが主旋律で、それに合唱がつく。

         P.28 33小節〜 変ロ長調

             合唱  〈Sop.〉が主旋律

         P.30  50小節〜 ト長調

             合唱  〈Sop.〉が主旋律で

            〈Sop.〉ソロが対旋律を歌う。

         P.31  65小節からホ短調で進行し、

         P.32  〈Sop.〉ソロがト長調で曲を終える。

    2)歌詞の確認

         ほとんど前に出た単語です。

         P.29  39小節 sempiternam

             〈m〉をしっかり言う。(短くしない。)

             〈〉を巻く。しっかり言う。(短くしない。)

              母音と子音が対等になるように。

    3)音取りについて、今回の確認事項です。

         和音の変化を感じて歌う。 

          これは、今回のもっとも重要な確認事項です。

         リズムを正確に数える。ただし、音は切らない。

         p, mp, ppがついているのは、

          慈悲深いイエスに、「彼らに永遠の休息を与えてください。

          とお願いしているから。

         げ擦鮴擇襪箸に、口を閉じてはいけません。

    4)P.27 〜P.28  32小節

      P.27  27小節 〈Domine〉と(dona)の間でブレスをする

          としても、〈dona〉の頭が遅れないように

           P.28  30、31小節

              伸ばしているときは、特にビブラート(笑う)でないと、

             音が下がります。

             31小節

             G(ソ)とD(レ)だけの空虚5です。

             ない音だけれど、第3音を意識して歌いましょう。

    5)P.28 33小節〜P.30 52小節

           臨時記号がついて、調が変わるとき、変化を感じて歌いましょう。

           P.28  34、35小節は、〈Alt.が曲のテーマを歌っています。

              ここは、「アーメン終止」と言って、賛美歌の終わりの

            「アーメン」でよく使われる和音です。

            「アーメン終止」を作っているのは〈Alt.です。

               意識して歌いましょう。

          P.29  46、47小節は同様に、〈Bas.〉がテーマを歌っています。

          P.30 51小節

             全パート同じ音なので、お互いによく聴きましょう。

    6)P.30  54小節〜終わり

           P.31  64小節から65小節へ

             和音の変化を感じて歌いましょう。

             ここは、「偽終止」で、終わった感じがしない終わり方。

             意識するために、楽譜に「」と書いておきましょう。

             68〜69小節

             ゆっくりにならず、テンポをそのままで終わること。

       

    次に、パート別の確認です。

         P.27 26、28小節

         〈Sop.4分音符のD(レ)にテヌートをつける。

              (Domineの〈Do〉、requiemの〈re〉の音です。)

               短くなりがちなので、注意です。

                 26小節、 28小節

               〈Sop.付点4分音符、8分音符を正確に数える

         P.28  34〜38小節

              〈Sop.付点4分音符、8分音符を正確に数える

               37小節

           〈Sop.と〈Alt.〉は、同じ音です

            お互いに聴き合いましょう。

           Alt.のA♭(ミ♭)は、和音の第3音なので

            バランスを考えて。(一番弱く出す音です。)

            Jesuの〈Je〉の音です。

            第1音は〈Bas.〉、第5音は〈Ten.〉です。

         P.30  54小節

           〈Sop.〉B(シ)からD(レ)に下がるとき、

           〈Alt.〉が出しているDに合流すると考えて下りる。

             54小節以降、〈Sop.〉は、

            8分音符、付点4分音符、2分音符をきちんと数えて歌う。

            特に8分音符が重なると、早くなるのでゆったり歌う。

         P.30 59〜P.31 60小節

            〈Alt.〉は、リズムの変化に注意する。

     

    ■男声パートの練習報告追加分

     〈テノール・バス〉

     25-26小節 腹筋を使ったビブラートで音程を保つ。

     25小節の出が遅れないように。出る準備をしっかり。

     

     〈テノール〉

      35小節4拍目バスと同じ音ファです。意識しましょう。

     

    〈バス〉

     37小節1拍目のドは主音です。 

      

    連絡事項です

    次の練習(10月17日)の会場は。

    大和富士幼稚園です。上履きをお忘れなく。

    6時前には入らないでください。

    次回は、4番「Sanctus」です。

     

      ***Tomato&バジル***

     

     

    | 第九を歌う会 | - | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << December 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ