blog index

東大和市民合唱団「第九を歌う会」

ブログやるならJUGEM
<< 9月5日 練習報告 | main | 9月19日 練習報告 >>
9月12日 練習報告
0

     

    朝晩と昼間の気温差が大きくなってきましたね。

    少しずつ、過ごしやすくなってきたことを感じられて、ちょっとホッとします。

    12日の夜も急に涼しくなりました。

    そんな中、とても涼しそうな格好の方もチラリ。。

    (ん?誰?練習に参加された方は、もうおわかりかと!)

    風邪をひかなかったかしら、と心配してま〜す。

     

    さて、早速練習報告に入りますね。

    とっても細かく書いて下さってますので、皆さんご自身の書き込みと

    比べながら、復習にお役立てください。

     

    *****************

     

    9月12日の練習報告です。

    小林先生のご指導で発声練習後

    レクイエム 1番 「Introit  and  Kyrie」の練習。

    ピアノは笹先生です。

     

    〈読みの確認〉

    イタリア語式の読み方です。(ドイツ語、ラテン語ではなく)

                P.2〜P.12 106小節まで

     

     .▲セントは、長く読みます。

     

     ▲螢┘哨鵑鬚靴泙后

    例:「requiem   aeternam」       「 luceat   eis」

      下線部を続けます。

      requiem   「qu」が子音(「kw」の音)で、「i」が母音。

      指揮棒がおりたときに、母音を発するので、子音はその前になります。

     

     dona   「d」が子音です。口を「O」の形にあけておき、

      「d」のときに舌だけ離します。 

     

    〈合唱練習〉

    男女一緒の練習なので、最初に、共通しての確認、注意事項、

    その後、パート別に書きます。

     

    まず、今回気をつけるようにと、特に確認されたことを。

     |擦さ拮笋里箸は、次の音符の音で歌う。

    4分音符は休む。

     同じ音はレガートでつなげて歌う。

     (拍で音を切らず、息をつなぐ。)

     ブレスは、音の切れ目でしないで、伸ばす音のときに。

     ぜ分が同じ音を歌っていても、他のパートが動くと、

      和音が変わる。

      →→ 自分のパートの音も同じ音ではなくなる。

     ゼ分のパートと他のパートが同じ音で歌う箇所は、

     特に意識して音を聞くことが大切。

     (その箇所に印をつけておきましょう。)

     Δ里个校もリズム感をもって、拍を数えてのばす

     (ただし、数えながら音を切ってはいけない。)

     

    1)P.2 9小節〜P.4 31小節 

      P.2 9小節   全員が同じ音です。確認事項

        10小節   自分が同じ音でも、相手の音が変わります

                   (Alt.  Ten. 確認事項

      P.3 20~21小節 音を切らない。(確認事項

      P.4 28小節   空虚5度(第3音がない和音)です。

               第3音(ドミソのミ)がないけれど、ない音を感じながら歌いましょう

         30〜31小節 全員が同じ音だと自覚をもって歌う。

                                                                   (確認事項

     

    2)P.4 32〜P.5 41小節

         遅れて出ないように、準備をすること。

                   33小節   Sop.とTen.の追いかけっこですが、

                         33小節の4拍目は同じ音だと意識して。

                                                  (Sop. Ten.確認事項

     

    3)P.6  52〜P.7 55小節

         拍の初めの8分休符は歌う。確認事項

         音の変わり目で切らず、伸ばしている間でブレス

                      (確認事項

         8分音符をしっかり数えながら歌う。

        

                   P.7 54小節  3連符をしっかり数えて歌う。

                      55小節  付点4分+8分音符になったとき、

                         遅れないように。

     

    4)P.7 56〜P.8 61小節

         P.7 56小節  最初は全員同じ音。(確認事項

         P.8  60~61小節  (確認事項

                初めは全員同じ音

             →→ 〈Sop. Ten.〉〈Bas.  Alt.〉が同じ

             →→ 最後は全員同じ

                3連符と8分音符をしっかり数える

     

    P.9〜P.11 95小節は、前に出てきたところとほぼ同じです。

     

    5)P.11 96〜P.12 106小節

       Sop.とTen.の追いかけっこです。

     

    〈女声パートの注意点〉

    1)P.2 10、14小節  拍で切らない。(確認事項

         Sop. 11小節の付点2分音符 12小節の全音符は

            きちんと数えて伸ばす。確認事項

    4)P.7 58小節

         Alt.  3連符で、同じGの音(ソ)のあと、

            F(ファ)に下りるタイミングを合わせる

    5)P.11 97小節

         Alt.  F(ファ)の音

            Ten.同じ音がしっかり出せている

            (すばらしい)

     

    〈男声パートの注意点〉

    15小節4拍目 テノール、バス同じ音()です。よく聴き合う。

    28小節 テノールはソプラノと、バスはアルトと同じ音です。

    ・テノール33小節4拍目 の入りの準備を、早く。

    ・バス39小節ド→シ♭→ラ♭→ソの音程しっかりと。

    ・バス52小節2拍目裏のソに入るタイミング遅い。

    104105小節の音程しっかりと。

     

    次回は、P.12  107小節からの〈Kirie〉の練習のあと、

        7番〈Lux aeterna〉に入ります。

        練習したことをきちんと身につけ、和音を楽しんで

        歌いましょう。 

     

    以上、Tomatoさん&バジルさんによる練習報告でした。

     

    小林先生の丁寧なご指導が、今回の曲を歌う上ですごく大切だということを

    今一度頭に入れておきましょう。

    そして、教えていただいてることを一つでも多く身に付けられるよう、

    一人ひとりが努力をしましょう。

     

    素敵なオケにのって、私たちの合唱がハミングホールに響く日を楽しみに頑張りましょうね!

     

    【次回の練習;ハミング小ホールにて 19:00より】

     

       ・・・マスカット・・・

     

     

     

     

            

     

     

     

    | 第九を歌う会 | - | 10:12 | comments(0) | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 10:12 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする


        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      2728293031  
      << October 2019 >>

      bolg index このページの先頭へ